1. HOME
  2. 製品 / サービス
  3. 汎用小型観測フロート

詳しく知りたい、試しに使ってみたい、カスタマイズについてなど、お気軽にお問い合せください。

汎用小型観測フロート Multipurpose Observation Float(MOF)

海中を自動で昇降し観測を行うフロート。CTDセンサを搭載し、海中の塩分、水温、水深を観測します。
比較的小型軽量で、取り扱いやすいことが特徴です。観測データは、浮上時に自動で発信され、陸上にて受信することができます。
観測深度、データ取得頻度等、目的に合わせて最適な観測シーケンスを構築可能です。また、搭載するセンサは、用途に応じてカスタマイズが可能です。漂流させて観測する他、水深の浅い場所では簡易的に係留し定点観測も可能です。回収して再利用することができます。

Multipurpose Observation Float

■ 仕様
観測可能深度 500m
観測項目 電気電導度、水温、水深(標準)
その他観測実績:照度、溶存酸素、波浪、FRRF
通信方式 2.4GHz無線通信(設定用)
イリジウムSBD通信(遠洋)
4G LTE通信(沿岸)
バッテリー リチウムイオン電池(充電用)or
リチウム一次電池(長期観測用)
サイズ/重量 全長940mm/重量7.8kg
連続稼働時間 1年以上
■ 各観測項目
電気伝導度 0-7 S/m  
  初期精度 ±0.005 S/m
  分解能 0.00001 S/m
水温 初期精度 ±0.005℃
  分解能 0.0001℃
水深 観測可能深度 500m
  初期精度 ±0.1% Full scale

※オフショアテクノロジーズ製CTDセンサ(JES10mini)搭載時

■ データ例

水深200mから海氷面までをMOFでCTD観測した際のサンプルデータ

photo

photo

photo

■ 使用方法事例

・Deploy
投入後、自動で潜航し、任意の水深となったら浮上しながら観測データを取得します。フロートは漂流しながら観測を続けます。
観測深度、データ取得頻度等、目的に合わせて最適な観測シーケンスを構築可能です。

photo

・Drift
海面に浮かぶブイから垂らしたロープに沿って潜航/浮上させます。
ブイには海上観測用のセンサ等を搭載することが可能で、海面上、海中の同時観測が可能です。

photo

・Mooring
下にアンカーを取り付け、アンカーから海面に伸ばしたロープに沿って潜航/浮上させます。
これにより簡易的に係留し、定点観測を行うことが可能です。フロートは回収して繰り返し使用できます。

photo

■ 設定用アプリ

日本語のUIを備えた専用の設定アプリ「BXconnect」(Windows対応)が付属します。

photo
BXconnect操作画面